2007年02月17日

写真展過ごし方ご提案

こんにちは2月16日(金)から倉敷市本町・三宅商店で始まった「『和みおかやま』写真展」第3期。実行委員である私・福田もできるだけ会場に足を運んでいます。森田恵子さんは初日にいましたが、何せ超ハードスケジュールなので、なかなか会場に行けない様子。その代わりといっては何ですが、私・福田は写真展を皆さんに楽しんで頂けるよう頑張っています!

64624301.jpg三宅商店はランチ、デザートメニュー、などとにかく大人気。荒物屋さんだった「三宅商店」をカフェにリニューアルしたこの空間は県内外から注目の的。懐かしいような新しいような空間でランチをしたいお客様でお昼は行列ができるほど。そんな中でも、カフェの奥にある蔵はとても静かで落ちつきますよ!カフェがある母屋とこんなに近いのに、まるで別世界にいるような雰囲気です。ランチがお目当てのお客様にはお時間のご都合もあるでしょうから、「蔵にもどうぞ!」というお声がけは遠慮しています本当は、カフェ内の展示や蔵の展示もご案内したいのですがご迷惑になってもいけないかな、と思いまして・・・。

 

 

264ee942.jpg

ランチやお茶の前後に蔵にふらりと来てくださったお客様方は、この静けさに歩みがゆっくりとなられ、蔵の中での展示をご覧になった後、芳名帳にお名前を残してくださったり・・・。中には蔵の右手にある机と椅子(写真)に腰掛けて筆を進めながら「何だか、こういう机って懐かしいわ」とおっしゃるお客様も。ちなみに、この写真にも写っている壁の写真パネルは、森田恵子さんが育った奉還町でのワンシーンなんですよ。『和みおかやま』(ソウルノート刊)は、カフェやお店の紹介本というより、「岡山のほっと和める場」をご紹介した1冊です。その中にカフェもあればお料理屋さんもあり、町並みや風景もあり・・・なのです。

b0b9b870.jpg

ここに来られて初めて『和みおかやま』(ソウルノート刊)という本を知った方や、写真パネルをご覧になって再び本を手にしたい方・・・。蔵の長椅子には本のサンプルを置き、皆様に自由にお読み頂けるようにしています。お時間が許す方はどうぞ、長椅子に腰掛けて本をご覧ください。写真のお客様、ずいぶん長い時間、蔵の中でゆっくり写真を鑑賞してくださり、和んでいらっしゃいましたよ

本はカフェ内で販売中です。また限定オリジナルポストカード、写真パネルも販売中ですので実行委員またはお店の方にお声をかけてくださいね。

 

「『和みおかやま』写真展」

 日  程:2007年2月16日(金)〜2月25日(日)

 場  所:『三宅商店』倉敷市本町3−11

 営業時間:11:30〜17:30(月曜休み)

 

写真展最終日、特別企画「森田恵子朗読会」があります。

 

 

 朗 読 会:2月25日(日)17時開会(16時30分開場)

      山本周五郎『初蕾』

 朗読会料金:前売り/事前申し込み 2,000円(お飲み物・デザート付き)

       当日券 2,500円 

 

 

 

 

 

 



nagomiokayama at 23:38│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔